忍者ブログ

バネッサ・チャンネル

ヨウギクの片隅で妄言を。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブカンの妄想日誌・1

ヨウギクのティック国が、大変なことになっているそうです。
公式:君主新聞

現状は、国内施設の大半が崩壊しており、一部の大株主同士の国守発議の泥試合になっているとかなんとか。

ティックは首都トキヤに近い場所にあり、ゲームを始めて間もないころのプレイヤーであれば、一度は国民になることを考えるであろう国です。
いえ、国でしたと言うべきでしょうか。
(トキヤに近いのは色々と便利そうだし。私も国を選択する時の候補の一つにした事があります)

プレイヤー全体数の減少が大きな要因とはなっているのでしょう。
ティック内部の色々な問題は外からは分かりませんが、立地的に「新規プレイヤー」が訪問しやすい国ですので、早めにゴタゴタが解決されると良いなあと思います。

似たような条件の、他国は運営できているのですし・・・。

まじめっぽい話題から入ってみました、バネッサ・チャンネル。

国守になったので、ちょっと一味違う風味を。
ただ、書いていて自分でも良く分かりません。あくまで感想でして、問題点やら論点やらが見えないのです。
まー、この場所にそういうのを求めている人はいないでしょうから、どうでも良いのかもしれませんね。

以下、妄想。

午後のブカン官庁の職員食堂は閑散としており、ゆっくり食事をするには良い環境です。

連休中ということもあり、食堂自体はお休みなのですが、執務室で食事をとるのもつまらないので、持参したお弁当をもそもそと食べていました。

食堂の扉が開く音に目をやると、二等文官のカシムと菫花が、連れだって入って来るのが見えました。
二人もお弁当食べに来たのかな、あれ、二人って付き合っているのかな、だったら出て行った方が良いかなと、腰を浮かせながら考えていると、当の二人が私の席の前までやってきました。

「お食事中、申し訳ございません、国守様。少々お時間頂きたいのですが」

表情は、ちっとも申し訳なさそうでもない、カシム。
この人、目力が必要以上に強くて、正直怖いのです。

「どうしました。セクハラ問題とか発生したのですか」
「いえ、発生しておりません。そういう事ではなく・・・」
「火急の用でしょうか。だったら執務室に・・・」
「あ、いや、できればこちらでお願いしたいのですが」

いつもは用件から切り出すカシム。今日は何だか歯切れが悪いです。とりあえず、目の前の席に二人を座らせて、話を聞くことにしました。

持参したバネッサマジカルポッド(魔法瓶)から、ドングリ茶を2つの湯呑みに注ぎ、二人の前に差し出しながら、相手が話し出すのを待ちます。

「話と言うのは、私達の個人的な話なのです」
「ふんふん」
「私達、結婚するのです」
「それはおめでとうございますー」
「国守様、花火は止めてください。室内ですので」
「ああ、失礼しました」

いつも、背筋も凍る笑顔で、私の書類の不備を指摘する菫花さん。
頬を桃色に染めながら、視線を湯呑みに落しています。
こういう彼女の様子は初めてみたなあ、と思いつつ。

「では、菫花さんがやめちゃうってことですか?」
「いえ、できれば政務は続けさせていただきたいのです」
「あ、それは助かります」
「ラティウスの神に誓って、ご迷惑が掛けぬよう努力致します」
「はあ」

だったら、私への用件は何だろうと考えてみました。即座に思いついた複数の理由は、すべて否定される気がする、どうして私はこうなんだろう、こんなに良い子なのに、時代が追い付いていないのかな…などと思考が脱線していたのに気付き、慌てて視線を目の前の二人に戻します。
しかし、カシムは本題を切り出すのに躊躇している様子で、私がうつろな目をしていた事には気が付いていない様子でした。

カシムが湯呑みを何度も口にして、口火を開くのをためらっています。
どうしましょうと、隣に座る菫花さんに目を向けると、彼女は小さなため息を一つ。

「バネさ、実はお願えがあるんだず」
「はい、どのような」
「あぐまでぇ、おらたちのプライベートな領域んだけんども、バネさの公的な立場ってもんが関わってくるけえ、ほんずばぁおねげえするんがぁこごろぐるすぃだけれんどかしむさぁがいぃづれそうだずわだすがらいわぜてもら…」
「あのー、菫花さん。落ち着いて」
「あ、すみまっせん」

菫花さんは、集中すると「お国ことば」要素が強くなるのです。
そのやり取りを聞いていたカシムが、意を決したように菫花さんから引き継ぐように言いました。

「実は、国守様に私達の仲人をお願いしたいのです」
「えっ」

(多分、つづく)

PR
 iTunes Store(Japan)
■コメント
■この記事にコメントする
お名前:
メアド:
Url:
配色:
デコメ: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
タイトル:
メッセージ:
パスワード:
耳打ち:  ※チェックするとバネッサだけの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURL

この記事のトラックバックURL

忍者ブログ | [PR]

Copyright © 2017 NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.

Design by vanessa★yougiku
©2017 Vanessa Channel Some Rights Reserved.