忍者ブログ

バネッサ・チャンネル

ヨウギクの片隅で妄言を。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Bookmark and Share
←前の記事:この輝きは
次の記事:未解決事件

結婚式に参列です

毎回、メンテ開けは問題発生ですね。
今日INしようとしたら、ヨウギクのみ接続出来ない状態でした。(公式

ラクドではモフパラの予定が入っていたのですが、出来ない状態になっていました。(予定時間なのに、モフ達が居ない)

むー。本当、最近どうしたのでしょう。

本日のメンテで、結婚式ができるようになりました。知り合いが結婚するので、早速突入です。

中央のバージンロードが横断できなくて、位置取りするのに右往左往。

ラティウス神官(NPC)は、反応しない様子。恐らく当事者(花嫁か花婿)がクリックしたら、急に語りだす様子。

内容は、参加してからのお楽しみとしておきましょう。ただし、当事者の方は、事前に参加して誓いの言葉のタイミングを知っておくほうが良いかもですよ。

で、式場内ではPvPはできるようです。参列の皆さま、誓いの儀式の最中は絶対行わないように。

祝福しようと、懐に色々と忍ばせていたのですが、使えない様子。
ふんふん、式場内は安全地帯のようです。

と、結婚式の最中に、深夜メンテナンスの告知が。頑張って神様!

▼結婚式に参加してても妄想▼

以下、妄想。

結婚式場が見える浜辺で考え事を。トキヤの匠達の話を調子に乗って聞いていたら、クエストリストが大変なことに。
どれから片づけようかな、と。実はやることが増えて楽しかったり。

どのクエもコンプリートは出来ないけど、全部まとめると馬鹿にならない儲けになる予感。ふふんふん。

「あの、すみません」
「わ、びっくりした! な、なんですか!?」

振り向くと、ひと組の男女が、驚いた私にたじろいでいました。

いち早く立ち直った戦士系の青年が、口を開きます。

「驚かせるつもりは無かったっす。どうも、すみませんでした」
「は、背後に居たことは分かってましたけどねっ。声掛けられるとは思わなかったので、ちょっと威嚇しようと驚いた振りを、いえ高等な演技を」
「本当に申し訳ございません、バネッサ様」

落ち着いた声で、戦士の傍らに立つ女性が、私の弁解を断ち切りました。意外に若い顔立ち、いえ落ち着いている雰囲気ですが、実際若いのかもしれません。あれ、何で私の名前を…あ、足元に書いてますね。

「実は、お願いがございます。私達、結婚したいのですが、あの」
「・・・?」
「俺ら、貧乏で金無いんすよ」
「はあ」
「でも、一生に一度のことですので結婚式はしたいのです」

海岸の先に見えるラティウスの教会を背に、私はひざまずく二人の前に立ち、誓いの儀式の立会人をすることになりました。

決して上等ではない装備の二人でしたが、青年は用意していた一輪のバラを胸に差し、娘は白く輝くベールを美しい黒髪の上に飾っています。

「えーと、汝、ズイーカはロレッタを一生愛することを誓いますか」
「はい、誓います」
「汝、ロレッタはズイーカを一生愛することを誓いますか」
「はい、誓います」
「お二人はラティウスの御名において、夫婦となりました」
「はい」
「・・・あ、おめでとうございます」
「ありがとうございます」

花婿が花嫁のベールをおずおずとめくり、誓いのキスを。
なんだか眩しくて、思わず目をそらしてしまいました。

トキヤ方面に去る二人を見送り、元の場所に座り込みます。

儀式って大事なのですね。価値って自分(達)が決めることなのですね。

素敵な体験をさせてもらったな、と思いつつ…。
この受け取ってほしいと渡された、ブーケをどうしたものか悩んでいるのです。

PR
Bookmark and Share
←前の記事:この輝きは
次の記事:未解決事件
 iTunes Store(Japan)
■コメント
■この記事にコメントする
お名前:
メアド:
Url:
配色:
デコメ: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
タイトル:
メッセージ:
パスワード:
耳打ち:  ※チェックするとバネッサだけの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURL

この記事のトラックバックURL

忍者ブログ | [PR]

Copyright © 2017 NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.

Design by vanessa★yougiku
©2017 Vanessa Channel Some Rights Reserved.