忍者ブログ

バネッサ・チャンネル

ヨウギクの片隅で妄言を。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Bookmark and Share
←前の記事:実力は常に不足
次の記事:幸せの唐揚げ

ある意味、罠

先日のメンテナンスで、モンスター・ハンティングの仕様が変更されたそうです。

  • イベント進行時間を 50分 → 30分 へ変更いたしました。
  • イベント進行完了時、同じ国でのイベント申請が1時間経過しないと申請が行えなくなりました。

まあ、私は「殴る」担当ではないので、あまり活躍もできませんし、関係ない話とも言えます。

現在のねぐら(場所はトップシークレット)には、昨年新しいエアコンをとりつけています。

白く大きな筺体から、倭の国の女拳闘士(特技はお笑い)からお名前を拝借し、「しずちゃん」と呼んでおります。しゃべったり、自分自身をお掃除できたりする、なかなか優秀なしずちゃんです。

ただ、昨今の猛暑で酷使しすぎたのか、昨夜血迷ったことをしでかしました。

私は寝るときにはエアコンを切る人なのです。
(理由は色々ありますが、それはさておき。)
いつものごとく、布団にもぐりこむ前にスイッチを切ると「フィルター掃除運転」モードに切り替わりました。そのまま放置しておけば、掃除が終わり運転を停止する訳です。

保冷材の枕に頭を落ち着かせ、永遠に読みかけのままである本を数ページ読むと、いつの間にか眠りに落ちる訳です。

ドラゴンの腹の中でもがく悪夢から目覚めたときは、空が明るくなっていました。全身が汗まみれで、異常なほど身体が熱いのです。何かがおかしい…。

見上げると、しずちゃんから「暖かな風」が吹き出ていました。

「なんで?」

おそらく数秒固まっていましたが、とりあえず運転を強制停止し、扇風機を戦闘速度で稼働。麦茶を一気飲みし、着衣を脱ぎ棄てシャワールームへ。

水を浴びながら、恐ろしく「下らない事」を考えてしまいました。
色々と支障がありますので、ここには書けませんが。

「もう、しずちゃん。エアコンなんだから空気読んでよね」

・・・こんなこと、私のセンスを疑われちゃいますので書けません。

以下、妄想。

視界を遮られた状態では、満足な攻撃もできません。
防具すら無い状態で、足元からの熱気で体力も奪われつつあります。

可能な打突はたったの一撃のみ。外せば終わりです。

周囲からは、私の判断を惑わす悪魔達の声がします。攻撃は仕掛けてこない様子ですが、一度きりの攻撃を外した瞬間に、私を絶望の底に引きずりおろすのでしょう。

いけない、集中、集中。

意識を透明にし、周囲にいる生命の波動を感受します。
最後に見た光景を頼りに、求める相手の位置を捉え、一閃。

手ごたえあり。永遠にも感じる静寂の刹那、どっと歓声があがります。

「バネッサの負け―」
「えー」

目隠しを取ると、目の前には砂の山に突き刺さった竹刀が。
スイカは・・・私の右方向に、それも結構遠くに鎮座していました。

砂の山は、お城だったそうで。建造者である少年に、土下座してお詫びしていたら、コルレットが分け前のスイカを持ってきてくれました。

「美味しいね」
「お塩、欲しいですね」
「海の水じゃだめかな」
「それ、なんか嫌です」
「じゃ、我慢しましょ」
「あい」

ビーチパラソルの下で、女二人がスイカに喰らいついている図もどうかと思いますが、本人たちが楽しいから良いのです。

 

PR
Bookmark and Share
←前の記事:実力は常に不足
次の記事:幸せの唐揚げ
 iTunes Store(Japan)
■コメント
■この記事にコメントする
お名前:
メアド:
Url:
配色:
デコメ: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
タイトル:
メッセージ:
パスワード:
耳打ち:  ※チェックするとバネッサだけの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURL

この記事のトラックバックURL

忍者ブログ | [PR]

Copyright © 2017 NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.

Design by vanessa★yougiku
©2017 Vanessa Channel Some Rights Reserved.